2011年04月13日

風評被害について思うこと

お久しぶりです。

前回投稿から半年以上、ものすごく忙しい日々が続いていて、更新ままなりませんでした。
(今も忙しいけど)
忙しいけど、元気です。
病気もしてないし、大怪我もしてないし、被災もしてません。

でも、3月11日以降、いろんなことが変わってしまったのは、多くの人と同様なんだと思います。

大震災の被害の様子の過酷さを見聞するにつけ、なんともやりきれない思いにかられますが、天災には必ずのように人災がつきまとうもの。
今回の人災の最たるものは、やはり原発のそれでしょう。
東電や国に非を帰せられる人災としての見方も当然ながら、原発を容認してきた社会としての非というものもあります。
このあたり、つきつめると人間の業の深さみたいなものにもたどりつきそう。

食べ物に関わる者からすると、関心が高いのは食品の放射能汚染。
農家からすると、自分の畑が、自分が育てた野菜が放射能で汚染されるというのは、出荷停止になるならずにかかわらず、やりきれないことだと思います。

食品の放射能汚染に関して最近あれ?と思うのが、風評被害の報道です。

ウィキペディアの「風評被害」では、こういう風に説明されています。

風評被害(ふうひょうひがい)とは、災害、事故及び不適切又は虚偽の報道などの結果、生産物の品質やサービスの低下を懸念して消費が減退し、本来は直接関係のないほかの業者・従事者までが損害を受けること。災害、事故による直接の被害や顧客の危機回避のための判断は風評被害には該当しない。

現在、野菜の放射能濃度に関しては、国が暫定基準値というものを設けています。
例えば、どこどこ産のホウレンソウがこの基準値を超えると出荷規制などが行われています。
そして、基準値を超えない放射能濃度の農産物が、例えば福島県産だから、というだけで売れなくなると、風評被害で売上が落ちたとマスコミでしきりに報道されています。

気になるのは、例えば福島県産の野菜が売れないということは、ほんとに風評被害にあたるのか?
ということです。

現在、放射能濃度は、地域・野菜の種別に対して、細かく計測されているわけではなさそうです(計測のキャパシティの問題なんだと思いますが)。
情報のない野菜、情報のない地域については、消費者は当然のことながら判断すべき数値を持ちません。

それ以上に大きなこととして、おそらく多くの人が抱えている、国の設定する暫定基準値というのはどれだけ適切なもんなんだろうか?という疑問があるかと思います。

個人の事情による差もあると思います。
どうせ老い先短いんだから、少々放射能汚染された野菜でも気にしないという人もいるでしょう。
小さい子供がいるから、妊娠中だから、授乳中だからということで、少しでもリスクのある食品は避けたいという人もいるでしょう。
海水に汚染水がどんどん流れ込んでるなんて聞くと、私なんかはスーパーに行っても、魚買うのは今日はやめとうか・・・という気分になります。

これ、全部風評被害なんでしょうか?

ひとくくりに風評被害、風評被害と騒ぎ立てることによって、消費者の危機回避の判断を見えにくくしてるんじゃないか?
そう思うのは私だけでしょうか?

国の設定する暫定基準値というのがものすごく妥当なものであって、個々の野菜にきちんとした情報が付加されていて、暫定基準値を下回るなら、老若男女を問わず、胎児にも幼児にも未来永劫問題ない、と言い切れるなら、風評被害と言っていいと思います。

でも、とてもそうとは思えない。

大震災後の原発をめぐる報道にはいろいろクエスチョンもつきまとうことが多いのですが、この「風評被害」報道にもなにかまがまがしさを感じます。
少なくとも私があちこち調べた限りにおいては、低量被爆による影響は、はっきり分かっていないのが現状なようです。
こういう場合、危機回避をどこまで行うかの判断は、最終的に個人にまかされざるをえません。
その個人の判断を風評被害という言葉で、買わないアンタが悪い、みたいな言い方をされるのは、ちょっとなんなんじゃないかと思います。

情報量も少なく、判断基準も難しい、放射能汚染。
買わない消費者が悪いのではなく、こういう事態を引き起こした東電、国、そしてそれを容認してきた社会が問われるべき。

ウィキクックレシピ(WikiCookRecipe)−みんなのレシピ みんなで料理−は、みんなで食材情報やレシピを投稿したり、閲覧したりするサイトです。ユーザ登録は無料、お気軽にご参加下さい。閲覧の仕方、投稿の仕方が分かりづらいなどありましたら、このブログに是非その旨コメント下さい。回答するとともに、少しずつでも使いやすく改善していきたいと思っています。

ウィキクックレシピ(WikiCookRecipe)−みんなのレシピ みんなで料理−4月13日のデータ

登録ユーザ数:74
食材ページ数(代表食材ページ数):1058(769)
食品成分ページ数:9
レシピ数:50
新着食材ページ:無し
新着育て方ページ:無し
新着食品成分ページ:無し
新着レシピ:無し

この記事は、次のトラックバック・コミュニティにトラックバックしています。各コミュニティには、テーマに沿ったいろんな人のブログ記事が集まっています。興味のある方は覗いてみて下さい。
にほんブログ村 トラコミュ 食について考える 食を通じて考えるへ
 食について考える 食を通じて考える 

 
 
 
posted by WCR管理人 at 10:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
はじめまして。

こちらのサイト及びメールを管理されているのは舛重正一先生ご本人でしょうか?

もし先生がご覧になっていらっしゃるようでしたら、お願いしたいことがあります。

お忙しいところお手数ながら、返信いただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。

鈴木
Posted by 鈴木有里 at 2011年06月27日 09:36
鈴木様、

はじめまして、WCR管理人(このブログの管理人)です。

ご期待に添えなくて申し訳ありませんが、舛重正一氏本人でもありませんし、氏とは一面識すらありません。
ご事情は存じ上げませんが、うまく連絡がつくといいですね。
Posted by WCR管理人 at 2011年06月27日 10:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。