2007年11月17日

バター品薄、とうとう新聞に ―弱者にしわ寄せの構造―

昨夜、いつものごとく午前様で帰ってきたオットが、新聞を読みながら晩御飯を食べていたら、いきなり、
「キターッ!」
と大声で叫びました。
だいたいオットは、いつも主語を省略するクセがあります。
たまに主語がくっついても、「あれ」「それ」・・・こそあど会話ですね。
ですから、この場合「きたーっ!って、何が来たの?」なんて、問い返しても無駄です。
「ほら、あれだよ、あれ。あれが来たんだよ」という答が帰ってくるのがおちです。
こういう時には、日頃訓練しているこそあど会話翻訳が役に立ちます。

「ひょっとして、バターの件? 新聞に載ってるの?」
「ぴ〜んぽ〜ん♪」

いやあ、夫婦ってすごいですね。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(2) | 食材

2007年11月15日

オニグルミの上手な割り方、教えます♪

なあんてタイトルをつけちゃいましたが、自前の話ではありません。
おもいっきり他人の褌を借りてます。

本題の前に、みなさん、オニグルミってご存知ですか?
日本に自生している、あるいは栽培されている、食べられる胡桃の仲間っていくつかあるみたいですが、よく知られているのがテウチグルミ。
普通にお店で国産の胡桃として売られているのは、まずテウチグルミなのだそうです。
二個のテウチグルミをまとめて片手で強く握ると殻が割れることから付いた名前らしいです(山口昭彦解説「健康づくりに効果も抜群の身近な薬草」婦人生活社)。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 11:35 | Comment(2) | TrackBack(2) | 食材

2007年11月13日

なぜバターだけ品薄? メーカーの説明責任は?

相変わらず、多いです。
「バター 品薄」で検索かけてこられる方。
私も検索してみると、けっこうひっかかります。以前はそれほど沢山の記事は無かったのに。
ここ2週間ばかりの間に「バター 品薄」関連の記事がどどっと増えたようです。

やっぱり知りたいのは「なぜか?」ということ。

もう一度無駄な気がしながらも、メーカーのHPに行ってみます。
雪印、明治、タカナシ、よつ葉、カルピス。
どこにもバター品不足に関連する記事は見当たりません。
すんごく分かりにくいところに書かれていて、見落とした可能性もなきにしもあらずですが。
もともとHPがよそ行き用の面構えだから、リアルタイムで反応のあるサイト構成にあんまりなってないんですね。
(あたしゃ、今日はちょっと機嫌が悪いんだから、文章が少々攻撃的でも大目にみてね)

続きを読む
posted by WCR管理人 at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 食材

2007年11月12日

ズッキーニが無ければ、ハヤトウリを使ってみよう!

先日、オクラのことを調べようとして、吉田よし子「魅力の野菜たち―そのおいしい食べ方」を見ていたら、目次のところで「隼人瓜か仏手瓜か」というタイトルが目に付きました。

実は、いつも野菜を買いに行くところで、このところハヤトウリがよく出てるんです。
で、私の頭ん中には「瓜→漬け物」という短絡的思考しか無く、練り粕に漬ける分を買ってきてから、ハヤトウリが買物かごに放り込まれることは無く、ハヤトウリ無視の日々が続いておりました。
さてさて吉田よし子の本にはなんと書いてあるんだろうと、ページを繰ってみると、漬け物も美味しいけれど、炒め物も美味しいと。
オーブン焼きやトマト煮、和風の煮物も美味しいし、茹でてからサラダに使ってもOK。
さらにはすりおろしてケーキやマフィンに混ぜると良い風味なんだそうです。
へえぇぇぇぇ〜。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食材

2007年11月10日

種にぶつからずに、柿を半分に切る方法

秋は庶民向けの果物の多い季節です。
みかん、りんご、かき、・・・。
果物好きにとっては嬉しい季節。
特に柿は、日本を代表する果物と言ってもいいのかもしれません。
フランス語で、柿のことをkakiと言います、嘘じゃありません。
柿酢、干し柿なんて日本ならではの(おそらく)加工品もあります。
柿の葉茶、柿渋なんて使い道も日本ならでは(ほんとか〜?)。

私も柿は大好き。
オットは、硬めでシャリシャリした食感の、黒いゴマがぷちぷちと入っているやつが好きなんだそうです。
逆に言うと、そういう柿じゃないと好きじゃないみたい。
私は、硬めでシャリシャリも好きだし、熟したのも好きだし、溶けて崩れそうな熟柿も好きです。干し柿もだ〜いすき。オットと違って、博愛主義者なんですね。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 食材

2007年11月07日

赤大根は、浅漬けより、炒め物が甘くて美味しい!

先日、このブログで触れた赤ダイコン(「一夜漬けは、なぜ美味しいか」参照)。
素材de料理 1―クッキング新事典 (1)」で調べてみたら、実はいため大根と呼ばれるものではないかと思われ、炒め物を試してみることにしました。
(炒め大根は、炒めると美味しいからとのネーミングだそうです・・・なんて、安易な・・・)

炒め物の相棒は、何にしようかと悩んだ挙句、ノビルの醤油漬けにしました。
(こらこら、なんでそういうマイナーな食材を選ぶんだ、と言われそうですが、別に肉とキャベツの炒め物をするつもりになっていたので、これ以上肉はやりたくない、なにかアミノ酸系の旨味があるもの・・・ということでノビルの醤油漬けになったわけです。ただの醤油味のシンプル炒めでもいいっちゃいいんですけどね。のびるちゃんもこのところ出番が少なかったし・・・まあ、家庭内の、というか台所内の事情はいろいろ複雑なんですわ)

続きを読む
posted by WCR管理人 at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 食材

2007年11月05日

甘くて、美味しい、焼きマテバシイ

週末はいろいろ用事があり、忙しくしていました。
出先で、とあるお店の入口にどんぐりがいっぱいの箱が置かれ、ご自由にお持ち下さい。
このところどんぐりづいている私たちは、さっそくチェック。
大粒のつやつやしたどんぐりは、お尻が広く安定感があります。
もしかして、もしかして、これは、これは、・・・アク抜きしなくても食べられるという団栗の一つ、マテバシイではなかろうか?
お言葉に甘え、いくつかいただいてまいりました。

スダジイの時のように、割れ目を入れてから、鍋で煎って焼きマテバシイにしてみます(10分くらいか、もうちょっと?)。
よく煎ったどんぐりは、殻をむくと、渋皮もするりと一緒にはがれてしまいます。
おそるおそる一口齧ってみると、あくが無い!
そして、ほの甘く、美味しい!

続きを読む
posted by WCR管理人 at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食材

2007年11月01日

バター品薄、深まる謎

ここ数日、「バター 品切れ」「バター 品薄」で検索かけて、うちに来るお客様の多いこと!
みんな困っていて、でも何が起きてるのか分からなくて、いろいろ検索かけてるんだろうなあ。
私もかけてみたけど、原因、理由らしきものにはぶちあたらなかったよ。
メーカーさんのHPにも行ってみたけど、なんの情報も無し。

さて、ネット通販で、バターの入荷が再開し始めたようです。
まだ品切れのものもありますが、生き返ったものも多数。
ただ、在庫は相変わらずこころもとないようで、一人2個限定が殆ど。
私がいつも買っているバターはまだ品切れ状態ですが、これはいつになるか不明なので、とりあえず別のバターを2個注文しました。
これで、ぎりぎり、年末はしのげる・・・かもしれない。
欲を言えば、もう一個あると安心なのだけど、まあもう一個くらいそのうち買えるでしょう。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 12:13 | Comment(1) | TrackBack(1) | 食材

2007年10月31日

買物→献立、献立→買物、あなたはどっち?

食品の値上げがラッシュだそうです。
小麦の不作などで、小麦粉関係の食品が値上がりします。
バイオエタノール普及で、油関係の食品が値上がりします。
原油の値上がりで、原料→生産→消費者までの輸送距離が長いものが値上がりします。
中国の急速な経済成長で、高級食材などの消費も増え、そういうものも値上がりするかもしれません。
製菓・製パンご愛用のバターだって品薄状態だから、バターの値上げ、街のケーキ屋さん、パン屋さんの商品も値上げもあるかも。

てなわけで、先日の新聞に、いかに賢く食品値上げラッシュに対応するか、みたいな記事が載っていました。
記事の内容じたいはそんなに面白くもなかったんですが、一つだけおおっ!て思った一文がありました。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食材

2007年10月30日

縄文クッキーの夢と偽り

昨日は厄日でした。

まず睡眠不足で眠たい、ふらふら。やることはいっぱい。
なのにコーヒー器具の調子は悪い。味噌を仕込もうと思ったのに、塩の在庫をチェックしてなかったのに気付く。とあるお店に、とある品物を取りにいく約束をしていたので、夜暗くなってからようやく外出する時間がなんとか出来たので、頑張って行ってきたら、お店の人が約束を忘れていて、品物がお店に用意してなかった。そしてオットはまたもや終電帰り。

ああ、これで火曜日もまた睡眠不足でふらふらだなと思って、終電帰りのオットに晩飯の用意をしていたら、オットが弁当箱の袋のそこから、なにやらがさがさと取り出してきた。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 食材

2007年10月29日

食べられるどんぐりを探してみよう!

どんぐりというのは食べられるらしい、昔から食べられていたらしい、というのはなんとなく知っていました。
でも、あく抜きが大変なんだろうな、というイメージがありました。
いや、そんなことないんだよ、どんぐりの中には、あく抜きしなくても食べられるものがあるんだよ。
と、最初に教えてくれたのは、おがわさとし「京都 虫の目あるき―みちくさスケッチ」。
この本の中にツブラジイの実を、フライパンで軽く煎っただけで食べる話が出てきます。

へえ、そうなんだぁ、フライパンで煎っただけで食べられるどんぐりがあるんだあ!
と、強い印象とともに脳の中に情報がインプットされたのでした。これが2、3年前のこと。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 11:44 | Comment(3) | TrackBack(2) | 食材

2007年10月26日

スーパーのバター売場チェック(バターが買えません!の続き)

今日はもともと魚などをスーパーに買出しに行こうと思っていました。

さて、出かけようとしたら、どしゃぶりの雨。
しばらく見合わせてから、車で出発(いつもはチャリなんですけどね)。
いつにない渋滞、いつもより多い駐車車両、直進したいのか右折したいのか分からない前の車、狭い道で遭遇した救急車、幾多の難関を乗り越え、やっとスーパーの駐車場に・・・今日は厄日か・・・。

ここまで苦労してきたんだから、ただでは帰るものか(おおげさ・・・)と、昨日から気にかかっていたバターの売り場をチェックすることにしました(「バターが買えません!」参照)。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 14:55 | Comment(2) | TrackBack(1) | 食材

2007年10月25日

バターが買えません!

パンを焼いたりする関係で、小麦粉、雑穀、豆、その他いろいろ、ネット通販で買っているのですが、そこでいつも買っているバターが品切れで買えませんでした。
いつも買っているやつだけでなく、他のメーカー、他の種類のバターも品切れが殆どです。
有塩バター、無塩バター、発酵バター、ぜぇぇんぶ品薄です。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 食材

2007年10月24日

インゲンの筋取り、今昔

やっほお!

ずっと閑古鳥の鳴いていたウィキクックレシピ(WikiCookRecipe)−みんなのレシピ みんなで料理−ですが、やっとユーザが一人増えました!

やっほお!

☆青☆さん、ありがとうございます。
☆青☆さんは、ブログ健幸料理研究所@泰の国の管理人でいらっしゃいます。日本ブログ村を通じて知り合いました。
タイ在住で、地元の野菜と毎日睨めっこしながら、野菜の研究をし、野菜のレシピ(野菜だけじゃないけど)を考案し作って食べている、健康で幸福な食生活をモットーにした健幸料理研究所の所長さんです。
一週間とか期間を決めて、一つの食材にじっくりと腰を据えて取り組む様子は、野菜ソムリエの鑑でございます(☆青☆さんは、野菜ソムリエの資格もお持ちでいらっしゃいます)。煮物美人でもいらっしゃいます。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 15:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食材

2007年10月22日

石榴は種ごと食べる? 種は吐き出す?

昨日たまたま寄ったお店で、ザクロを売っていました。
輸入ものじゃなくて、日本産ザクロ。
おうちのお庭にザクロの木がある人には、おそらく珍しくもなんともないだろう石榴です。
でも私のように、石榴の木とも、庭とも無縁だった都会の貧乏人にとっては、日本産の石榴の実はめったに間近ではお目にかかれないシロモノです(木になっているのを見上げることはあっても)。

早速、購入。
というか、オットが是非買いたいと。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食材

2007年10月21日

アケビとミツバアケビの比較

昨日、散策に出たら、たまたまアケビを見つけました。けっこう街に近いところでも、あるところにはあるんですね。
今回ゲットしたのは、ミツバアケビの実2個と普通のアケビの実2個です。

たいてい採取するのはミツバアケビのことが多く、アケビは珍しい。ひょっとしてひょっとしたら初めてかも。

今回は、アケビ、ミツバアケビとも皮は、一口大に切り、油で炒めただけ。
それをいろんなものと合わせて食べてみました。
先日から懸念のマヨネーズも合わせてみました(「アケビにマヨネーズは合うか?」参照)。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食材

2007年10月17日

野菜ソムリエにお願いしたいこと

先日古本屋さんで小林カツ代「手料理上手の暮しメモ―味のあるレシピ・毎日の夢ヒント」という本をみつけました。20年くらい昔の本です。
小林カツ代はファンというほどではないけど、けっこう好きです。特にエッセイなど読んでて面白いものが多い。
今回も買おうかどうしようか迷って、店頭でぱらぱらとめくってみました。

たまたま開いた頁に、「料理の本だらけ」というタイトルで、「料理好きというのは、プロになろうがなるまいが、それ以前に、いつまでたっても料理の本が好きなんです。」とあって、うんうん。本屋さんへ行くと、仕事のためになるかとかそういうこととは無関係にふらふらとつい買ってしまう下りまで読むと、さらに深くうんうんうん。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 13:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 食材

2007年10月12日

パンは食材?それともレシピの対象?

ウィキクックレシピ(WikiCookRecipe)−みんなのレシピ みんなで料理−の編集、昨日は写真のアップロードに励みました。

アケビの写真をアップロードしました。
アケビの果肉ってちょっとグロテスクですよね。芋虫というか、「風の谷のナウシカ」に出てくるような虫を連想させます。何も知らずに、はい、どうぞ、って差し出されたら、ぎょえーってのけぞりそう。
でも甘くて美味しいんですから、差し出されてものけぞらないようにね。この写真見てアケビの果肉を認識できるようにして下さい。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食材

2007年10月11日

さるなし、こくわ、またたび、キウイ、ベビーキウイ

さるなしってご存知ですか?
別名こくわとも言います。
つる性の植物で、山や林に自生しています。
私も数年前までそういう植物があることを知りませんでした。

さるなしは秋になると、小さな実をいっぱいならせます。でも雌雄異株だから、実のなる株と、実の全くならない株があります。雌株でも近くに雄株が無いと、きっと受粉できなくて実がならないんじゃないかなあ。
そういうわけだからなのかどうか、さるなしの実がなっている株を見つけるのはまれです。
この実は熟すると甘くて美味しいのです。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 10:59 | Comment(1) | TrackBack(2) | 食材

2007年10月09日

アケビにマヨネーズは合うか?

三連休、遠出はしませんでしたが、近場の林道歩きをしてきました。
お目当てはアケビ、サルナシ・・・。結果から言うと、私らにしてはすごい豊漁。

アケビ。
今回歩いたところは、殆どがミツバアケビ。ちょうどぱくっと割れた果実があちこちになっているのが見られました。
アケビは熟れると皮が裂けて、中の白い果肉を顔を覗かせます。
アケビの近縁であるムベは、熟れても皮が裂けないそうです。
アケビもムベも中の白い果肉は甘く、砂糖など簡単に手に入らなかった昔は、貴重な甘みのある食材でした。甘味料として使われることもあったようです。ちなみにムベの実は食したことはありませんが、アケビよりも甘みが強いとか。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食材
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。