2011年04月13日

風評被害について思うこと

お久しぶりです。

前回投稿から半年以上、ものすごく忙しい日々が続いていて、更新ままなりませんでした。
(今も忙しいけど)
忙しいけど、元気です。
病気もしてないし、大怪我もしてないし、被災もしてません。

でも、3月11日以降、いろんなことが変わってしまったのは、多くの人と同様なんだと思います。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 10:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物

2010年01月16日

訃報と食い意地

昨夜、同い年の友人が亡くなったとの知らせを受けました。
突然の訃報に、ただただショック。
病気だったことも知りませんでした。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2009年12月08日

いまどきのお菓子

ここのところ、市販のお菓子を食べる機会が続いています。
普段はお菓子を買うなどということは無いのですが、貰い物などが続いてます。

洗練されたケーキ屋さんのお菓子じゃありません。
伝統的なお店の和菓子でもありません。

いわゆる大手菓子メーカーのお菓子です。
スーパーやコンビニの棚にずらりと並んでいる類のお菓子です。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2009年05月15日

乾物と虫

野菜には虫がいる〜♪

という話の続きは、

乾物には虫がいる〜♪

という話です。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 11:27 | Comment(6) | TrackBack(1) | 食べ物

2009年05月14日

野菜と虫

今月のウィキクックレシピ(WikiCookRecipe)、管理人のテーマ「虫を食べる」を進めるにあたって、私の昆虫食体験をつらつらと書いてきました。
が、実際に食べた経験のある昆虫食というのはイナゴの佃煮を除けば殆どありません。

殆ど・・・というところが実は曲者なのです。
昆虫食と認識して食べたものはイナゴの佃煮しかありませんが、実は人は認識せずに虫を食べているものなのです。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 14:14 | Comment(2) | TrackBack(1) | 食べ物

2009年05月01日

癌かもしれない・・・

と悩んでいた日々に終止符が打たれました。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 09:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物

2009年01月21日

食べ物勧善懲悪

勧善懲悪のお話なんかキライです。
なんて言いながら、時折、勧善懲悪のお話やドラマに軽くはまってしまってる自分を発見します。
どれが善でどれが悪とはっきりしているところに安心して心をゆだねることができる。
ココハ善ト悪ガキレイニ切リ分ケラレテイル場所、全テガしんぷるニ明快ニ説明デキル世界、ナアンニモ悩マナクテイイノヨ・・・。
心の小さなひだひだに住む精霊たちが歌にならない歌でそう呼びかける。
精霊たちは何が私たちの心に本能的な安息をもたらすのかをようく知っている。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2009年01月15日

いきなり吐く

お食事中の方、お食事前の方、ごめんなさい。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 10:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物

2008年12月17日

野菜は人間のエゴである

市販の果物などを買ってきてハズレだったとき、ひとしきりぶうたれた後でオットがよく言うセリフがあります。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 12:02 | Comment(2) | TrackBack(1) | 食べ物

2008年09月18日

MSGって何か、ご存知ですか?

えびせん、というものがあります。
日本でもあちこちにありますが、東南アジアでも各地に(?)えびせんがあるようで、ベトナム製海老せんべいなるものを先日輸入食料品店で見つけました。

箱の中にはセルロイドのような小さな円盤がいっぱい入っています。円盤は左右がくるっとカーブがかっています。
これを油で揚げると、あるいはフライパンで焼くと、むくむくと膨れ上がって立派な煎餅が出来上がるという寸法。この膨れ上がるところは、何回見ても面白い。
既に味が調整されてますので、そのままお八つに、お酒のおつまみに。

我が家でも先週末の酒のつまみに、これを揚げてみました。
オットはえびせんの類が好きなので、けっこう好評。
実は売り場には二種類のアジア製えびせんがあったのですが、もう一つは調味料添加物などがいろいろ入っていたので、そういうのの入っていない方を選んで買ってきました。

という話をオットにしたら、彼はえびせんの外箱をじっと見て、

続きを読む
posted by WCR管理人 at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2008年09月15日

生春巻で判明、噛み合わせの違い

昨日はメモリアル・デーのディナー。
メモリアル・デー自体はもう少し先なのですが、平日にご馳走作るわけにもいかないので、昨日に。

ちなみに私はハレの日の料理は大の苦手です。
慣れてない。
何を作ればいいのか思いつくまで大変。
予行演習ができない(お客様へのおもてなしなら予行演習できますが、家族相手のモノだと予行演習して何が嬉しい?)。
などなどいろいろな要素が絡み合い、たいていは失敗します(まあ普段の料理だってうまくできた試しは殆ど無いのですが)。

今回はしかし、どういう雰囲気のものを作るのかだけはすんなりと決まりました。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2008年08月14日

背骨の二つある魚

お出かけが数日間続く予定で、あまり書く時間がとれません。
今日もお出かけ、帰りに畑に寄ってトウモロコシを少し収穫してきました。

最近畑で忙しく、外食が増えています。
もともとここ数年殆ど外食無しの生活だったので、増えたといってもたかがしれていますが、あまりにも忙しく疲れた時には、さすがに作る気力を失います。

先日はチェーンの某定食屋に初めてはいってみました。

私が仕事で夜中まで忙しく一人暮らしをしていた頃、女性が気軽に入れるような定食屋さんは殆どありませんでした。居酒屋ばっかり。
そういう意味では、世間は確実に変わっているんだな、と近所にできたこの某定食屋の前を通るたびに思っていました。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2008年08月05日

ポジティブ・イーティングのすすめ

先日、オットがこのブログの過去記事「八のつく日にあらめを炊くのは、なぜ?」を読んでいて、いきなりぶわははは!と笑い出しました。

えっ?えっ?えっ?
そんな面白いこと書いたっけ?
そんな受けるような内容、あったっけ?

オットがはまった箇所は、私が食生活の見直しをして、もっとゴマを食べよう、もっと海草を食べよう、もっとキノコを食べよう・・・といろいろ項目をあげているところです。
いたって真面目な話じゃん。
どこに笑いをとるような場所がある?

といぶかるワタシに、オットいわく、

続きを読む
posted by WCR管理人 at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2008年07月24日

減塩食品、どう選ぶ?

[塩] ブログ村キーワード

先日、新聞に載っていた減塩食品の話題をちらりと紹介しました(過去記事「食べるってお金がかかるってことなのよ」参照)。
企業ぐるみで加工食品に含まれる塩分を減らすことで、大きく減塩運動を推進する方向がある。イギリスでは既にいろいろな試みが行われていて、いずれは日本でも・・・
というような内容の記事でした。

ところで、減塩食品、っていうと、みなさま、どういうイメージを持たれますか?
「この製品は減塩タイプです(従来製品比)」
なんて文字がパッケージに踊っていると、まずどう感じますか?

続きを読む
posted by WCR管理人 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2008年07月12日

地産地消という言葉はどこから来たのか?

今日は「調理における塩の役割」はちょっとお休み。

塩のことでいろいろ考えが多方向にひろがっていたのですが、その一つに東北地方の減塩運動というのがあります。
実態がどんな感じだったのか、特にまだ知識を深めたわけではないのですが、東北のように冬の厳しい地方では減塩運動が難しかっただろうなと漠然と思った理由の一つに、新鮮な野菜の入手が冬季は難しいというのがあります。

都会なら、あるいは南方の土地なら、減塩を目指すときに、素材を生かした薄味で、野菜もいっぱい食べてカリウムも摂取して・・・とか言えますが、そうでない北方の地方って流通の発達した現在ならともかく、昔は食材を手に入れること自体が大変だったのだろうなと。

どこで誰が書いていたか忘れましたが、やはり冬は雪に閉ざされる地方の人が、春一番で出てくるフキノトウだかなんだかの最初の緑のもの、それを食べる時に体がもうその緑を欲しているのがすごくよく分かるのだというような話を読んだことがあります。

森薫「エマ (1) (Beam comix)」にも、19世紀末のイギリスはロンドンで、エマが女主人に「もう少ししたら市場に野菜が出てくると思いますから」と言う場面があります(一巻だったかどうかは不明)。冬の間新鮮な野菜を食べられずに過ごしてきた人たちが、春になってそれを待ち焦がれているのです。

最近地産地消という言葉をよく聞きます。
その土地で採れたものをその土地で消費するのが一番、というような意味で使われているようです。
新鮮な野菜と縁遠い冬の北国のことを考えるにつけ、痩せて荒れた土地でも暮らしていかなきゃいけない人がいることを考えるにつけ、地産地消っていう言葉はどこから来たんだろうと最近考えないではいられませんでした。

十分食べ物が採れる土地ならば、地産地消というコトバはとても良い響きに聞こえるかもしれない。
でも、住んでいる土地に豊かな食材が無い場合、不便をしのぎながら、時には食材不足から起こる風土病を抱えながら暮らしている場合には、地産地消という言葉はうつろに響くかもしれません。

で、ちょっとぐぐってみました。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 07:00 | Comment(4) | TrackBack(1) | 食べ物

2008年07月05日

忠実な食、我儘な食

ウィキクックレシピ(WikiCookRecipe)−みんなのレシピ みんなで料理−の食材情報アップ、7月のテーマ食材「畑の雑草」の一環として、アカザシロザ(シロアカザ、ギンザ)がらみでアカザの花シロザの花アカザの種シロザの種アカザ茶を追加しました。

アカザ、シロザは花も種も食べられます!
でも、私は未経験。花も実も認識して見たことはありません。畑のアカザ、シロザの一部にも花、実をつけさせてやりたいと思っているのですが、うまくいくか。
そしてアカザ、シロザを乾燥させたものは野草茶として楽しめます。こちらも未経験なので、楽しめるかどうかは不明、味も不明。でも薬効がいろいろあるので、他の野草茶とブレンドして飲んでみるというのはいいのかもしれません。
品種改良されまくった野菜にはないアクやクセや野性味がこういった野草にはあるわけですが、そういう成分の中に実は体に良い有効な成分がたくさんあったとしても不思議ではありません。一つの種類を多量に摂取するのは害になる可能性もありますが、適度に野草をいろんな形で摂り入れるのはいいのではないか・・・個人的にはそう思っています。野草茶はその一つの方法として便利です。

さて先日の記事「保守的な食、冒険的な食」に、慣れ親しんだ食にこだわるタイプと未知の食に挑戦したがるタイプがいるんじゃないのかという話を書きました。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物

2008年07月03日

保守的な食、冒険的な食

昔読んだローラ・インガルス・ワイルダー「大草原の小さな家 (福音館文庫)」(いや、ひょっとしたら別の本だったかもしれませんが、でも同じ作者のです)の中に、大草原に家をかまえて生活も落ち着いて来た頃ローラのお父さんがこう言い出す場面が載っていました。
「ここでの生活も落ち着いてきたから、そろそろまた新しい土地を探しにいかないか?」
お母さんはびっくり。
「せっかく生活が落ち着いてきたのに、なんでまたわざわざもう一度苦労をやり直すんですか?」
(当然のことながら記憶に頼った再現なので、細部がめちゃくちゃなのはご勘弁)

続きを読む
posted by WCR管理人 at 11:03 | Comment(2) | TrackBack(1) | 食べ物

2008年06月30日

食べるってお金がかかるってことなのよ

6月も晦日になりました。
ウィキクックレシピ(WikiCookRecipe)−みんなのレシピ みんなで料理−、6月のテーマ食材「マのつく魚」もう一つくらい頑張ってアップできるか?
7月のテーマ食材も考えなきゃ。

先日、新聞に加工食品と塩分の話が載っていました。

ものすごーく荒っぽくまとめると、

加工食品は塩分の宝庫(?)である。
よって減塩に取り組むためには加工食品をなんとかしなきゃいけない。

で、まあ、具体的にはイギリスで企業をまきこんでの加工食品減塩運動が功を奏してきている、日本もそういう取り組みが必要なんじゃないか・・・という話です。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物

2008年05月26日

とう立ちした野菜はなぜ筋っぽいのか?

週末の畑の収穫には、とうの立った葉大根。背丈も伸び、かさだけはたっぷりあります。
でも、大根の薹なんて普通は食べません。菜の花は蕾のついた薹が食用になりますが。

その理由は、実際に食べてみて分かりました。
筋っぽいんです。特にとう茎の部分がやたら筋っぽい。
葉大根ですから、根っこも細いながら大根になりかけていますが、その根っこも筋っぽくなりかけています。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2008年05月20日

野菜を食べれば便秘は良くなるか?

[便秘解消] ブログ村キーワード

ウィキクックレシピ(WikiCookRecipe)−みんなのレシピ みんなで料理−、食材情報アップ、パン酵母の続きをやるぞーと言っておきながら、まだなんにもできておりません。
週明けは忙しいんです、ハイ、家事は時々泥沼化するんです、ハイ、おまけに野菜苗の植え替えが目白押し、ハイ。
今日こそやります、たぶん、おそらく、できたらいいな。

ところでちょっと前になりますが、新聞に便秘の話が載ってました。
いえ、正確に言うと便秘の話じゃなくて、ご飯(お米のご飯ですね)の話だったんですが、そこに、

野菜をたくさん食べると便秘になりにくい

というのは実はウソかも・・・という記述がありました。

続きを読む
posted by WCR管理人 at 10:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ物
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。